美容コラム

2015.10.01

ダイエットは筋肉量維持も大切☆

基礎代謝量という言葉をダイエットの際によく耳にしますが、生命活動に必要な消費カロリーのことをいいます。筋肉や内臓活動に使われるエネルギー量のことで、人間が一日で消費するカロリーの中の大半を占めています。ダイエットで過剰な食事制限を行い運動をせずにいると、脂肪は落ちますが同時に筋肉量まで落ちてしまいます。筋肉量が落ちると基礎代謝量まで下がってしまい、ダイエットのために摂取するカロリーを抑えたとしても、消費されるカロリー量も落ちてしまうため、結果、ダイエットどころか太りやすい身体になってしまうこともあるのです。

身体を動かす際に燃焼されるエネルギーが減るためダイエットで筋肉まで痩せることは避けるべきです。基礎代謝量が下がりますし、摂取カロリーを減らすだけのダイエットは消費カロリーまで減らすことになってしまい、リバウンドをしやすい痩せ方しかできません。

逆にダイエットのために、少しずつでも基礎代謝量を増えていくことができれば、太りにくい体質に変化させることができます。ダイエットの際には、摂取カロリーのコントロールと同時に、筋肉が落ちないように適度な運動をすることが大切です。

月別アーカイブ