美容コラム

2015.10.03

ニキビ跡は早めのケア!!

にきびが出来ると、ついつい潰してしまいがちになります。

しかし、潰すとやがてニキビ跡となってしまうのです。ニキビ跡となってしまうと、美白のケアを行う必要があります。

ニキビ跡はやがてシミとなって肌に残ってしまうからです。そのうち自然に消えるだろういう考えでいてはいけません。自宅だけのケアでは、やはり限界がありますから、早いうちにプロにお手入れして貰う事も良いでしょう。

エステサロンなどでは、高濃度のビタミンCなどを導入する機械もあるので、そうしたお手入れを早めに行う事でニキビ跡を改善する事が出来るのです。

にきびを潰すと、細胞が傷つけられるので、そのダメージを肌が記憶しています。ですから、やがてシミとなって数年後に出てきてしまうのです。にきびにも様々な種類がありますが、膿みを持ったりしているものなどは素人が独自の判断で潰してしまうと、余計に悪化させてしまうのです。

ニキビ跡は年を重ねる毎に治りにくくなります。肌の生まれ変わりが衰えているので長く肌に残りがちになります。ニキビ跡を残さない為にはたかがニキビ跡と思ってはいけません。ニキビ跡は早めにケアをしましょう。

月別アーカイブ