ボタン:Web予約

画面見過ぎていませんか?【多治見、春日井、一宮、尾張旭のエステサロン】|ダイエット専門エステサロン ビープロデュースのスタッフブログ

  • お客様ご相談窓口 0120-357-887 (受付時間 / 平日9:00〜18:00)
  • ご希望の店舗へ電話
  • お問い合わせ
  • ボタン:Web予約
  • ボタン:初回体験
  • ボタン:店舗一覧

2016.04.28

画面見過ぎていませんか?【多治見、春日井、一宮、尾張旭のエステサロン】

そもそもブルーライトとは??
 
「ブルーライト」とは、波長が380~500nmの領域にある青色光のことです。ヒトの目で見ることのできる光=可視光線の中でも
もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っています。太陽光や白熱灯にもブルーライトは含まれますが、パソコンやスマートフォンなどの
LEDディスプレイやLED照明には、特に多く含まれています。
現代は、省エネ化でLEDが普及したことで、ブルーライトの暴露量が増えています。
ブルーライトの放出量が特に多いのは、現代人の生活に欠かせない「スマートフォン」です。
 
<目への影響>
ブルーライトは紫外線の次にエネルギーが強いため、目の疲れや痛みといった、直接的なダメージを眼球に与えます。
スマートフォンを長時間見たり、デスクワークで一日中パソコンを眺める人は、知らず知らずのうちに、目に悪影響を与えてしまっています。
 
<全身への影響>
ブルーライトを長時間浴びていると、メラトニンという眠気を誘うホルモンが分泌されにくくなります。
そのため体内時計が狂ってしまいます。体内時計が狂うと、睡眠障害、うつ病、肥満、ガンになりやすいことが分かってきています。
現段階では、これらの疾患に直接結びつくと断言できるだけの医学的根拠はありませんが
少なくともブルーライトの浴びすぎが、疾患のリスクを高めることは分かっています。
 
ブルーライトへの対策は??
 
・夜眠る前の2~3時間前は、パソコンやスマホなどの画面をなるべく見ないようにする。

・日中にしっかりと太陽光を浴びる。

・ブルーライトを抑える機能付きのLED照明を使う。

・ブルーライト対策用のメガネを利用する。

☆ブルーライトを軽減できる設定にする
 
現代人の生活には光が溢れています。そのため私たちがブルーライトを浴びずに生活するのは不可能です。
工夫をしながら画面を長時間見ないようコントロールしながら使用しましょう。

記事一覧
最近の記事

最近の記事

月別アーカイブ

月間アーカイブ