ボタン:Web予約

熱を冷ます!夏野菜はやっぱりすごい【多治見、春日井、一宮、尾張旭のエステサロン】|ダイエット専門エステサロン ビープロデュースのスタッフブログ

  • お客様ご相談窓口 0120-357-887 (受付時間 / 平日9:00〜18:00)
  • ご希望の店舗へ電話
  • お問い合わせ
  • ボタン:Web予約
  • ボタン:初回体験
  • ボタン:店舗一覧

2016.08.24

熱を冷ます!夏野菜はやっぱりすごい【多治見、春日井、一宮、尾張旭のエステサロン】

トマト、なす、きゅうり、とうもろこし・・・など、いわゆる「夏野菜」と呼ばれるものの多くに
「体の熱を冷ます」効用があるといわれています。
暑さで体がほてりがちな季節、夏野菜がおいしく感じるのは体が求めているからです。
 
また、それぞれの食材はほかに
•トマト・・・血液をきれいにする
•なす・・・むくみをとる、利尿作用
•きゅうり・・・むくみをとる
•とうもろこし・・・疲労回復 と、体にうれしい効用があるといわれています。
 
胃腸を守る~夏の胃腸は荒れている!
冷たいものをガブ飲みしたり、辛いものばかり食べたり・・・夏は胃腸が荒れがちです。
そんな胃腸にやさしいのが、オクラやモロヘイヤの”ネバネバ系”。食物繊維も豊富で、整腸作用もあります。
ただし、もともと胃腸が弱く下痢気味という方はあまり多くとらないように気をつけましょう。
 
暑い夏こそ野菜を食べよう!夏バテに負けない食材
ネバネバ系以外では、大根やかぼちゃも胃腸を守ってくれる野菜です。
大根にはアミラーゼという酵素が多く含まれています。
この酵素が胃もたれや胸焼けを防ぐのに有効といわれています。
また、かぼちゃには粘膜を保護する作用があるので、胃腸だけでなく鼻やのどもいたわってくれます。
かぼちゃに多く含まれるβ-カロテンが体内に入るとビタミンAに変化し、粘膜を保護するのだそうです。
 
夏野菜をしっかり摂って残暑を乗りきりましょう!

記事一覧
最近の記事

最近の記事

月別アーカイブ

月間アーカイブ