ボタン:Web予約

夕食が21時以降になるときに気をつけること|ダイエット専門エステサロン ビープロデュースのスタッフブログ

  • お客様ご相談窓口 0120-357-887 (受付時間 / 平日9:00〜18:00)
  • ご希望の店舗へ電話
  • お問い合わせ
  • ボタン:Web予約
  • ボタン:初回体験
  • ボタン:店舗一覧

2018.06.06

夕食が21時以降になるときに気をつけること

お仕事で帰りが遅くなり夕食が21時以降になる・・ってことないですか?(‘_’)

21時以降の食事でとったエネルギーはとくに脂肪に変換されやすいです。

具だくさんスープや煮物など、野菜を中心としたメニューで抑えましょう!

物足りなさを感じても次の朝食でしっかりと摂るようにしましょう。

 

☆二回に分けて食べるのがオススメ・・昼食と夕食の間隔が長くなると、お腹が空いてドカ食いのもととなります。

18時くらいにおにぎりなどの糖質メインに間食します。夕食は主食を摂らず、野菜や豆腐などの低カロリーのメニューを選びましょう。

☆野菜をたっぷりとって食べ過ぎを防止・・自律神経の「交感神経」を高めて内臓脂肪が燃えやすくなることも分かっています。

野菜に含まれるビタミン、ミネラルには脂質や糖質の代謝をスムーズにして、脂肪をつきにくくする働きがあります。

☆脂肪になりやすい糖質と脂質は控えよう・・血糖値が急激に上昇するとインスリン分泌が増えて、脂肪の合併が進んでしまいます。

野菜を先に食べましょう。脂身の多い部位は避け、赤身やささみ、むね肉がオススメ。調理方法はなるべく油を使わない蒸す、ゆでる、煮ることが重要です。

☆お酒を飲むときは野菜中心のおかずがベスト・・アルコールは糖質を多く含んでいるので、おつまみで揚げ物や高カロリーなものはNG。枝豆やトマト、キュウリやピクルス、キノコのホイル焼きなどのおつまみが良いです。

 

カロリーは500kcalにできるだけ抑えていただきましょう(*^_^*)

 

 

記事一覧
最近の記事

最近の記事

月別アーカイブ

月間アーカイブ