ボタン:Web予約

黒っぽくて固いもの|ダイエット専門エステサロン ビープロデュースのスタッフブログ

  • お客様ご相談窓口 0120-357-887 (受付時間 / 平日9:00〜18:00)
  • ご希望の店舗へ電話
  • お問い合わせ
  • ボタン:Web予約
  • ボタン:初回体験
  • ボタン:店舗一覧

2018.08.16

黒っぽくて固いもの

よくお客様の中でも「水を飲んでも、お茶を飲んでも太る」と言われる方がいらっしゃいます。西洋医学や栄養学では、「消費カロリー」や「摂取カロリー」が多すぎるから太るのであって、水分を摂って太るなどありえないとしています。また、自分の体脂肪は何パーセントだのという会話を耳にしますが、体重の60%は水分なのです。そのため肥満に特に影響するのはカロリーや体脂肪よりも水分であることがわかります。

年齢が重ねるにつれ、小便の勢いや排尿量が少なくなると、なんとなく、むくんだような太り方、水太りが生じてきます。ビニール袋に水を入れて上部をひもでしばり、手ぶらで下げると下の方が膨れるのと同じように「水太り」の場合、「下半身デブ」「大根脚」「下腹部ポッコリ」等、重力的に下の方がふくれる特徴があります。

余分な水分が体にたまると、体が冷え体内の脂肪や糖が燃焼しにくくなり、体に脂肪も蓄積しやすくなってきます。こうして「肥満」が完成していくわけです。

「痩せる」ためには「代謝を良くして、水分を汗や尿で排泄し、体温を上げて、脂肪や糖を十分に燃焼する」必要があります。代謝が悪くなると便秘傾向あにもなります。すると大便で捨てられるべき、コレステロールや脂肪、糖分、塩分、水分等のほか、さまざまな老廃物が血液中に吸収され、肥満に拍車をかけることになります。

「お通じをよくする」こともやせるためには、必須条件となります。

痩せる条件・「代謝をよくする」・「体温を上げる」・「お通じをよくする」を叶える食べ物として「しょうが」「にんにく」「とうがらし」など日ごろ「薬味」として扱われているものがあります。文字通り、やせる「薬」となります。

漢方医学的には「相似の理論」というのがあり、白くてふわふわしたものを食べると、食べたものと同じ体形になる、と考えられています。

痩せたいなら、「色が濃く、固いものを食べる」ことをおススメします。

固いもの・濃いものはチーズ、そば、赤ワイン、紅茶、黒砂糖、根菜、りんご、プルーン

を食べる方が痩せやすいです。

外見が青、白、緑の柔らかい「太りやすい食べ物」も熱や塩を加える事で赤・黒・黄色の「やせやすい食べ物」に変化します。

人の体は食べたもので作られます。意識して「気」が含まれている食品に変えてみたり、意識してみてください!

 

記事一覧
最近の記事

最近の記事

月別アーカイブ

月間アーカイブ