スタッフブログ

2018.08.21

体内リズムと睡眠

私たちの体には100種類以上ものホルモンがあり、多様な役目を果たしています。そのホルモンと協力しあいながら体内環境を

正常な状態に維持しているのが、自律神経です。体を活動モードに導く交感神経と、休息モードに切り替える副交感神経

の2つの神経系が、バランスを保ちながらはたらいています。睡眠もホルモンと神経によってコントロールされています。

ですので、睡眠不足が続いてしまうと、ホルモンが不安定になり、自律神経を乱してしまい、色々な体の不調を招いて

しまうんですね*睡眠って大事ですね*

月別アーカイブ