スタッフブログ

2018.09.11

秋に向けてのスキンケア

残暑の厳しい日差しがある昼間と、涼しい朝晩の気温差が激しく知らないうちに肌に負担をかけやすい季節です。

夏の強い紫外線のダメージを受けたまま、肌が弱ってる場合が多くダメージを受けた肌は乾燥し

角質層のキメが乱れやすく保湿ケアをしても潤いが感じられなかったり、そのまま紫外線を浴び続けると小ジワ、シミの原因になってしまいます。

水分を与えるだけでなく、潤いの蒸発を防ぐバリア機能を高めるセラミド成分が配合されている保湿ケアを選ぶのをお勧めします。

また肌の弾力に欠かせないコラーゲンや、水分保持力を持つヒアルロン酸が配合されることで潤いが高まり、もっちりとしたお肌に生まれ変わります。これからの季節、お肌対策をすることで冬の乾燥にも繋がるので、保湿力を高め、ハリのあるお肌作りを心掛けましょう(^O^)

月別アーカイブ