もち麦には、β-グルカンが多く含まれており、グルカンにはセカンドミール効果といわれる血糖値の上昇を緩やかにする効果があり、インスリン分泌量が少なくなる為、脂肪の蓄積を防いでくれるそうです。

もち麦特有のもちもち感が満腹感を与えてくれる為、低カロリーに食事を済ませることができます