スタッフブログ

2019.07.05

うんちの大切さ

 

便の中身は約半分が水分、腸内細菌の死骸が20%、腸壁細胞の死骸20%、残りが食べ物のカスです。

なので、うんちの量が少ない人ほど腸内細菌も少なく、腸内粘膜の新陳代謝が悪いということになります。

 

うんちの量と肥満には密接な関係があります。

うんちが減ればセロトニンと言う幸せホルモンが減ります

セロトニンが減れば良質な睡眠が取れず、気分が塞ぐ、デブ菌が増える

食べなくても太ってしまう。。。

 

と言うように、うんちが少ないと食べる量が少なくても太りやすい体になってしまうのです。

 

便秘でお悩みの方も多いかと思いますが、水分をしっかり摂る、発酵食品や胚芽精米と摂る、湯舟にしっかり浸かるなど、便秘対策をぜひして下さい。

 

月別アーカイブ