スタッフブログ

2019.11.27

お腹が空いたら・・・

お腹が空いて血糖値が下がっている時ついつい糖質を摂ってしまいますよね。体がそれを消耗しようとして

糖質代謝が盛んになります。しかしこの時にタンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルを摂ると脂質代謝へ切り替わります。

お腹が空いて糖質を食べ過ぎると脂質代謝がストップし、糖質とともに体脂肪を溜め込んでしまいます。

糖質を抑えながら、タンパク質、脂質系の食品をお勧めします。

タンパク質を含む食品

働き:血液、骨、内臓、筋肉など体の構成に必要な要素となる。あまりエネルギー源にならない。

魚、肉、納豆、豆腐、など大豆製品。チーズ、ヨーグルトなどの乳製品。

 

脂質を含む食品

働き;体を動かすエネルギーとなる。また代謝に必要なホルモンの材料にもなる。

魚、肉、卵、ナッツ類など。

お腹が空いたら上記の物を摂るように心がけ、体脂肪を効率よく燃やせる体つくりして行きたいですね。

月別アーカイブ